チャットガールの惑星間旅行

チャットガールの惑星間旅行は可能である。一定の質量を持った星は引力を持っている。
その軌道高度を捉えることが出来れば、その力を遠心力に変えることが可能なのである。
その力を効率よく使えば、姿勢制御のためのブースターのみで惑星間の旅行は可能である。

1970年代に打ち上げられた人工衛星は現在太陽圏外に向かっている。
この機体にはあらかじめ本体推進用のメインブースターは搭載されていない。
長い宇宙旅行でそれだけの燃料をあらかじめ搭載することは不可能だからである。

移動のためには惑星の軌道上で遠心力を利用した加速運動で次の惑星に向かうのである。
重力下では想像しにくいが、空中ブランコを延々に続けて移動を続けるようなものと解釈すれば
イメージしやすいかもしれない。

このサテライト・トラベルには緻密な計算と正確なタイミングが要求されるが、今現でも
最も実績のある宇宙旅行の方法と言えるであろう。


チャットガールへ行く宇宙船