チャトレの密林資源

チャトレの密林資源は地球最後の資源確保の場所と言われている。
燃料資源の可能性は20世紀後半にはすでに着手され、私たちの社会生活に多大な恩恵を与えてきた。
今日では食料確保の新種植物や、医療関係の新たな菌や遺伝子の眠れる宝庫としても注目されている。
その密林に足を踏み入れてみよう。地球上の陸地の80%近くは今だ未開発地であり、
その半分近くは密林が閉めていると言われている。赤道付近に広がるジャングルは
現代文明が今だ到達することの出来ない領域を多く含み、
限りない資源の発見に期待がかかる。

今日では一番注目されているのが、やはり遺伝子分野ではないだろうか。
文明社会において、あらゆるバリエーションはすでにサンプリングされつくしたといって
過言ではない。それらは各国で特許申請されて、知的所有権として保護されている。
大きな力を持つ企業がそれらを管理し、利益追求と資本増強を繰り返しているのが
実情であろう。
そんな中、前述の未開地にはまだ人類が出会ったことの無い遺伝子が無数存在する。
ジャングルはベンチャー・ビジネスにとってチャンスと希望に満ちた宝庫だ。
そして我々は広大に広がる密林に足を踏み入れるのだ。

チャトレ密林探索