チャトレ蘭にんぐ・お仕事紹介

登録元は最新セキュリティーが完備されていて、プライバシーはしっかりと守られます。
例えば専業主婦の方は空いた昼間の間だけとか、昼間仕事をしている方は夜寝る前に自分の部屋でパソコンを使ってアルバイトが出来ちゃう。
年齢も18歳から上はチャトレ登録が無限にOK!


チャトレ登録イチオシの詳細ページへ




その他のチャトレお仕事を色々紹介









































人類が自力飛行を実現してはや一世紀以上になる。
翼への夢は多分有史以前からの人間の希望だったと思う。
モンゴルフィエ兄弟の気球やオットー・リリエンタールのグライダーは
エンジンと言う機関が開発される前に自己実現としての物理的飛行をなしとげて
いたわけだから、これらも航空の歴史の中に大きく刻まれるべきだと思う。

18世紀に興る産業革命の歴史は動力機関の歴史から始まる。
蒸気エンジンを更にダイレクトかつアグレッシブに進化させた
レシプロ・エンジンは航空の歴史にとっても不可欠なエレメントであった。

1902年人類はレシプロエンジンを自ら設計・建造した機体に搭載し
レールカタパルトの上を助走、離陸する。昇降舵と方向舵を使い「意思の飛行」をする。
人類の歴史は発想と相反してそれを実現するための技術の成熟を待たなければならない場合がある。

望遠鏡のレンズ制作技術や理論物理学の確立など分野によってもまったく違った様相を呈している。

人類が最初に自力飛行した動力の出力はわずか二馬力だと言われている。
今日では小型化・高出力化された高性能なものへ飛躍的な進化を遂げているが
当時2馬力と言う軽量ハイエンドマシーンで「空へ挑んだ」のである。

鳥の目線、建造物や地形の高みからではなく、画家の空想からでもなく
重力から脱出して地上を眺めることになる。

その視線は1964年にかけて飛躍的に高度化する。
地平線は水平線に変わり、やがて成層圏を飛び越えて地球の輪郭を見る。










チャトレ蘭にんぐ・お仕事紹介